FINE ACOUSTIC GUITAR SHOP Blue-G ACOUSTIC GUITARS HERE!!5F OPEN TUE - SAT 11:00 - 8:00 SUN ・ HOLIDAY 11:00 - 7:00 CLOSE : MONDAY TEL 03-5283-7240
Shop Information

Blue-G Corporation

ブルージーコーポレーション

東京都千代田区神田小川町3-1須田ビル501号

TEL:03-5283-7240 平日:AM11:00〜PM8:00 日祝日:AM11:00〜PM7:00【定休日】月曜日 blue-g@blue-g.com

2018年10月11日

新作 Elliot マッキーニークラシックカポ 入荷しました!!

今回は、いつものオーダー分、人気のフラッグシップモデルのエリートカポ、
1 11/16、1 3/4、1 7/8と、すべてのサイズの入荷と合わせて、欠品していた皮の専用ポーチも入荷しました!!

新作として、登場したマッキーニークラシック!!
3.jpg

トニーライスが使っていた、旧型のレトロなスタイルのマッキーニーカポの復刻版です。
演奏中、トニーライスのソロの部分で、カポが確認できるかと思います。
もっとアップで映っている画像が見つかると良いのですが。


四角いフレームが無骨で、シンプルな機能美を感じます。
2.jpg

実際、ギターのネックにつけてみると、贅肉を削いだようなシンプルな構造です。
コードチェンジの時に、カポが邪魔になりません。
ネットの掲示板の写真から、分かりやすいものを拝借。
imageproxy.php.jpeg

フレットに乗るトップバーの先端とチューブ。点で弦を押さえるようなイメージです。
9.jpg

トップバーの取り付け部。
7.jpg

トップバーの先端を、コの字の受け部分に納めて、同じくコの字型の金具で、固定します。
8.jpg

フレームの内側に刻印があり、「W D」の刻印があるものは、ワイドでディープということで、1 7/8インチ対応の一番大きなサイズです。「W」だけの刻印だとワイドということで、1 3/4インチ対応。無刻印は、 1 11/16インチ対応です。
4.jpg

ネック裏から締め込む、サドル部分。 本革が使われていて、ソフトにネックに密着します。
5.jpg

サドルを締め込むつまみも、円柱形のシンプルなスタイル。このあたりも無骨な印象です。
10.jpg
ちなみに、エリートモデルのつまみは丸みがあります。
9.jpg

新入荷のマッキーニーレトロ!!
販売価格は税別26,000円です。

気軽にご質問ください。お問い合わせ、ご注文お待ちしております!
13.jpg
posted by Blue-G at 14:21| BLOG

2018年10月02日

Vintage Guitar のしらべ 10月27日 沖田ギター渋谷店 

20人限定の、完全生音ライブ。
普段目にする機会も少なく、サウンドを体感することも稀なビンテージギターの数々を、名手・伊藤賢一がたっぷりと奏でます。
●使用ギター(予定)
・Martin OM-28(1931)
・Martin D-18(1946)
・Gibson Advanced Jumbo(1939)
・Gibson J-185(1956)
 and more...

すぐ目の前の演奏で、アコースティックギターの生音の魅力をじっくり楽しめる会です。
ギター選びや音作りに関するトーク&質問コーナーもあります。
当日は、お馴染みのメンバーが集まりますので、ブルージーの三上も客席で楽しもうと思います!!

41992105_1920096201404593_7821775598006566912_o.jpg

【10月27日(土)】
・start 14:00〜 (open 13:30 )
・charge ¥3000
・要予約
・会場 沖田ギター工房 渋谷店
東京都 渋谷区東 1-2-23 MA東ビル2F
http://ogs.guitars/information/accessmap.html


●プログラム
第1部 ギター生音ライブ
演奏:伊藤賢一、北村昌陽(O.A.)
ギターを弾き比べながら、音色の違い、曲調とのマッチングなどを味わっていきます。

第2部 トークショー & 質問コーナー
出演:伊藤賢一、沖田ギター工房スタッフ、北村昌陽(司会)
ギターの紹介。弾いた感想や、ギタリストがギターに求める条件などを聞いていきます。また工房スタッフから、古いギターの選び方や管理上の注意点などをお伝えします。

第3部 ギター診断会
不調のギターをご持参いただくと、工房スタッフが無料でチェックします。


●キャスト
伊藤賢一
ギタリスト
東京生まれ。国際新堀芸術学院卒業。
ギター曲を自作自演しながら、全国で演奏活動を展開。その類まれな美音と楽曲は各方面で絶賛されている。クラシック/アコースティックの両刀使いとしても注目され、関連各誌への寄稿も多数。

北村昌陽
ギタリスト/ジャーナリスト
古いギターの音色に魅せられ、オールドギブソンでラグタイムを奏でる。沖田ギター工房ライブの仕掛け人。当日はオープニングアクトと司会を担当。

残りわずかですが、若干あきがあります。
予約制ですので、以下のどちらかに、直接お問い合わせください!!

沖田ギター工房渋谷店
Tel: 03-6805-1877 Fax: 03-6805-1883
ogs-shibuya@xf7.so-net.ne.jp

沖田ギター工房 本店
Tel: 043-241-4855
okita@guitar.zaq.jp
千葉県 千葉市稲毛区黒砂台 1-2-6
posted by Blue-G at 18:34| BLOG

2018年09月02日

月刊『Player』9月号、本日発売です。大分飯田高原のブルーグラス・フェスティバルのリポート!!

今日発売の、月刊『Player』9月号。
monthly.jpg

興味深い記事は、
ERIC CLAPTON2018年ドイツ公演レポート
7月からスタートしたエリックのワールド・ツアー。そのスタートとなったドイツ公演のレポート!!

吉田拓郎の新作情報、三枚組の『From T』
最近のラジオことも含めた、特集記事。
【Disc 1&2】は、拓郎さんが日常、就寝前にiPodで聴いているという、お気に入りのプレイリスト27曲!!
【Disc 3】は「Tからの贈り物」(未発表デモ音源収録)。
『ラジオでナイト』では、拓郎さんのiPodのプレイリストの、歌謡曲から一曲みたいな
ファンには嬉しい時間です。このCDもパーソナルな企画で、とても興味深いです。
最近の放送の中で、時々、レコーディング前の、デモテープを聴くことができますが、
打ち込みを駆使した、すごい完成度で驚きます。
ギターソロなど、音を重ねたオケは、拓郎さんのグルーブで、そのままでも良いくらいのクオリティ。
そのデモトラック音源を収録しているのが話題の新作です。

今回、プレイヤーの記事として、
大分飯田高原のブルーグラス・フェスティバルのレポートを書きました!!
ぜひ、全国の書店で、お求めください!
DSC08033.jpg

8月号からの連続企画。
poltop.jpg
今お茶の水が面白い! 使えて楽しいお茶の水楽器店街マップA
〜御茶ノ水には、なんと50数店舗の楽器店がある。エレキギター専門、アコースティックギター、ベース、クラシック・ギター、ヴィンテージ、中古、ウクレレ、ヴァイオリン、ドラム、和楽器などなど…。個性豊かなお店を分かりやすく紹介する楽器店街ガイドブック。しかも、一部のお店には「360°VR動画」が付いているので、いつでもどこでもお店の中をスマホで探索できるという、Player9月号に続くスペシャル企画の第二弾。今、御茶ノ水が面白い!〜
も、ぜひご覧下さい!!

posted by Blue-G at 18:23| BLOG

▲UP