FINE ACOUSTIC GUITAR SHOP Blue-G ACOUSTIC GUITARS HERE!!5F OPEN TUE - SAT 11:00 - 8:00 SUN ・ HOLIDAY 11:00 - 7:00 CLOSE : MONDAY TEL 03-5283-7240
Shop Information

Blue-G Corporation

ブルージーコーポレーション

東京都千代田区神田小川町3-1須田ビル501号

TEL:03-5283-7240 平日:AM11:00〜PM8:00 日祝日:AM11:00〜PM7:00【定休日】月曜日 blue-g@blue-g.com

2017年05月06日

工房探訪記 WATER ROAD GUITARS 増田明夫さん その8 エキゾチックウッド編

DSC00053.jpg
前回のブログでは、豊富なマホガニーの回が、とても好評でした。
今回は、さらにエキゾチックな材を見ていきます。

DSC00057.jpg
サクッと取り出して見せていただいたのが、ウクレレ用のキルトのサペリ。
DSC00055.jpg
硬いキルトサペリ材のサイドバックもオススメです。
DSC00401.jpg
工房には、製作中の箱になったウクレレも。綺麗なキルトサペリのサイドバックです。
DSC00316.jpg
トップは、カーリー杢のレッドウッド。
DSC00317.jpg

伝統的な材の他にも、豊富なストックに圧倒されました。
フィギャードクラロウォルナット。色の濃さと、派手なフィギャードのコントラストが素晴らしいです。
DSC00322.jpg
マダガスカルローズウッド。20年ほどストックしている古材です。ブラジリアンローズウッドの別名がリオローズで、非常に雰囲気が近くリオタイプと呼ばれる、黒い縞模様が特徴的な材です。
DSC00373.jpg
ボコーテ 黄色味のあるブラウンカラーの材です。皆さんに好まれるエキゾチックな黒い縞模様が特徴的です。
DSC00328.jpg
カンボジアローズウッド。赤味のある綺麗な材で、音色も透き通ったクリスタルな質感の印象があります。
DSC00374.jpg
フィギャードのブビンガ。別名でアフリカ・ローズです。
DSC00350.jpg
ウォーターフォールと呼ばれる、水の流れのような、ゆらゆらと走る杢目が特徴的です。
DSC00348.jpg
タスマニアン・タイガーマートル
DSC00385.jpg
虎の背中の模様が、こんな自然の木に出るというのは面白いですね。
DSC00386.jpg
同じ柄が二つと無いという通り、コレクションの材も、それぞれみんな表情が違います。
DSC00383.jpg

さらにモクモクの世界が続きます!!
オレゴンマートル
DSC00376.jpg
ホワイトオーク ウイスキーの香りは、オーク材の樽から染み込みのだそうで、この材も、甘いような独特のあの香りがしました。
DSC00377.jpg
キルテッドのアフリカンマホガニー。
DSC00380.jpg
DSC00379.jpg
カーリーレッドウッド。
DSC00403.jpg
フィギャードバーズアイメイプル。bird's-eyeの玉杢と、横に走るフレームと、色も白くて美しいです。
DSC00151.jpg
赤いグラナディロの大きく分厚い板。
DSC00274.jpg
初耳のピンクアイボリー。
DSC00356.jpg
フィギャードカーリーブラックウォルナット
DSC00324.jpg
流通が少なく入手困難なパナマローズウッド。密度が高く、とても硬い材です。
DSC00331.jpg

指板やブリッジに使われる、真っ黒いエボニー。
増田さんのストックでは、貴重なインド産のエボニー。マダガスカル島のエボニーも豊富にあります。
DSC00068.jpg
バインディングの材としても貴重なストックがありました。
上の黒いのがインド産。下のややブラウンなのがマダガスカル産です。
DSC00085.jpg

サイド板の棚の様子。
DSC00362.jpg
色とりどりのフィギャードの杢目がそろっています。
DSC00360.jpg
DSC00363.jpg
綺麗なハワイアンコアの化粧板。
DSC00370.jpgDSC00369.jpg

材のストックの山の中に、ハワイアンコアの塊が!!
DSC00334.jpg
とても立体的な杢です。この存在感!!
DSC00339.jpg

これは何の木だと思いますか?
DSC00153.jpg
ブルージーのお客様のオーダーで、一年後に納品されるD-arteに使われるココボロ材です。
DSC00156.jpg

オーダーの際は、お客様と相談しながら、材を選んでいきますが、
増田さんからオススメのストックの写真が届くと、どれも悩ましいです。
色味も良くて、杢目もそれぞれ魅力的です。
(1)
CIMG3018.jpg
(2)
CIMG3019.jpg
(3)
CIMG3020.jpg
(4)
CIMG3021.jpg
(5)
CIMG3022.jpg
Special Very rare "Cloud figured"
この材は、中央にピンク色の輝きと、雲のようなフィギャードが出ていて、
僕も、お客さんも一番に気に入って、一発で(5)のココボロに決定でした。
実際、工房で現物を見ると、サイド板もふくめて、実際の木の質感が素晴らしく完成が楽しみです。

棚には、ウェンゲの塊も発見。
DSC00332.jpg
ベアクロージャーマンの束も気になりましたが、ネック用の材が並んでいます。
DSC00272.jpg
こちらはフィギャードのスパニッシュシダーです。
DSC00351.jpg
ネックヒールまで、ぎっしり模様があります。
DSC00398.jpg
演奏していても、こういうネックは気分が出るでしょうね。
DSC00397.jpg
ヘッド脇まで、フィギャードがびっしりです。
DSC00400.jpg
マホガニーのブロックと共に、ブラックウッドの塊。
DSC00367.jpg

キルテッドメイプルの塊。これは、現在構想中のエレキギターに使われる予定とのことでした。
DSC00052.jpg
エレキ用の材も容赦なく、こんなフレイムメイプルも用意されています。
DSC00269.jpg
DSC00341.jpg

さらにバーズアイメイプルのネック材も。
DSC00353.jpg
細かなフレームの走るアッシュ材。これは見たことがないです。
DSC00268.jpg
フィガードのスポルテッドメイプル。これも美しいです。水墨画のような模様と、横にフレームの杢が走っています。
DSC00128.jpg
シンラインのテレキャスタータイプとか、すごく良いでしょうね!!

ちなみに、増田さんお手製の道具にも、グリップの木にフレームのメイプルが使われていました(笑)
DSC00294.jpg

posted by Blue-G at 14:59| BLOG

2017年04月30日

4月29日 ポールマッカートニー 東京ドーム 2日目

29日は昭和の日で、遊園地もにぎわっていました。
IMG_1898.jpg
IMG_1899.jpg
大好きな長嶋さんのレリーフの前で待ち合わせ。
この日は、小学生からの幼馴染と一緒にライブを見ました。
IMG_1902.jpg
初めてのアリーナ席。ゲートに向かいます。
IMG_1905.jpg
超満員のドーム。レフトスタンドの方面。
IMG_1909.jpg
三階席まで、びっしりです。
IMG_1914.jpg
オールスター戦か日本シリーズみたいな雰囲気ですね。
IMG_1913.jpg
席は、ライトスタンドのポール下。アリーナの端っこの方でした。
IMG_1911.jpg
大画面にくるくる回転しながら、ビートルズ時代やウイングスの時の写真。時代を象徴するケネディやらいろんな人物の写真が流れていますが、ニールヤングも発見!!
IMG_1916.jpg

ポールのこの日の衣装は、春っぽくジーンズにクリーム色のジャケット。
ギターを持った時の、腰から下の足の長〜いのを、あらためて感じました。

一曲目のA Hard Day’s Nightから、ハイテンションな演奏でした。
アリーナは、スピーカーが近くて、音は抜群に良かったです。
ポールの声が、はっきり聞こえます。遠い反対側の壁から帰ってくる、球場の天然のエコーも感じられました。
この日も調子が良くて、初日の武道館ではフールオンザヒルや、イエスタデイなど、ちょっと声を出しにくそうにしている時もありましたが、この日は完璧。ブラックバードは一番の出来だったと思います!!
And I Love Her では、お尻をフリフリするのを、この日も見れました。
ヘフナーのベースも、弦をひっかけた時の、キュンという音まで聞こえて、曲によって、バイオリンベースで、こんなにごつい音出るという感じの太い音でした。
ラスティー・アンダーソンのキレキレのエレキギター。特に白いボディに金色のピックガードのフェンダーのジャズマスターの音が最高でした。プリプリした真空管アンプの艶のある音が、グサッと来ます。
ブライアン・レイのエレキベースもよくて、曲の途中でもくるくるとギターが変わりますが、テイラーの12弦ギターがブライトで印象的でした。

アンコールでは、 I Saw Her Standing Thereが今回のハイライトです。
今まで、どうした巡り合わせか、 I Saw Her Standing Thereだけ、観たことがなかったので。
カウントからこの曲に入る、あのドライブ感を全身に浴びました。

二時間半のステージが終わって。会場が明るくなったところ。
IMG_1918.jpg

夜はおなじみの主水で打ち上げを。
IMG_1926.jpg

中学生のとき、毎月、お小遣いの中から、一枚ずつビートルズの東芝EMIのCDを揃えていって、一緒に聴いていた友人と。
IMG_1919.jpgIMG_1923.jpg
ポールのツアーTシャツを着て。
IMG_1921.jpgIMG_1924.jpg

友人の彼は、初めてポールを見ようと2014年国立競技場に一緒に行き、会場で公演中止となるショックな経験をし、
2015年にリベンジで一緒に見て以来。この日も、その2015年のツアーTシャツをちゃんと着てくるという嬉しい奴です。ライブの途中で、今日買ったTシャツに着替えていました。

ライブの最後に、ポールは「また来るよー」と言っていたので、
日本公演、またチャンスが来るのを待ちます!!







posted by Blue-G at 12:40| BLOG

2017年04月29日

4月27日 ポールマッカートニー 東京ドーム初日

東京ドームは久しぶりです。
IMG_1887.jpg
この回転扉をくぐる時、耳がポーッとして、楽しい気分になります。
子供の頃、野球を見に来た時のワクワク感が再現する感じです。
IMG_1889.jpg
さすがにすごい人の数です。
IMG_1891.jpg
席は、三塁側のスタンド。
IMG_1892.jpg
前が通路の席だったので、見晴らしが良いです。
右隣がおばあちゃんの二人組で、周囲はみんな立たない人たちだったので、ゆったり座って見れました。
ゆっくり見れるのも良いものです。

この日、ポールの調子が抜群で、途中お尻をフリフリするシーンもあったり、終始ノリノリでした。
歌う前に「フンフンフン〜♪」とハミングしたり、シャウトもバッチリ。
ジミヘン風のギターソロもすごくよくて、レットイットビーの時のピアノのおかずもキマっていました。

何回も見に来ていますが、またもう一度、打ちのめされるという感じで、あらためてポールのすごさに感動です。

武道館の時は、全体の音響のバランスで、ギターが大きく、声とベースが小さくて、ドラムも小さかったですが、
この日のドームの音は、バランスが良くて、ボーカルとベースがかなりはっきり聞こえました。
調子の良いポールの最高のパフォーマンスを、良い音で聴けて本当に良かったです。
Being for the Benefit of Mr. Kite!で、
あの複雑なメロディーベースをヘフナーで弾きながら、完璧に歌っている、声もベースも、しっかり聴けました。
新しい曲目も加わって、
Temporary Secretary ピコピコ系の初公開のテクノポップも新鮮でした。
You Won’t See Me は、デモ段階の最初のアレンジで演奏。
ラバーソウルのアレンジで聞き慣れた曲が、すごく爽やかなポップスに。

曲の合間に、ひょうきんなポーズをしたり、ジェスチャーが可愛いので、
隣のおばあちゃん二人が、「まあ、まあ」と、微笑んでいました。

武道館よりも、曲数もたっぷりで、時間の余裕もあって、演奏も最高で、たっぷりと楽しめました。
ブラックバードも完璧で、演奏のたびに「すごいなー。すごいなー」と呟いてしまいます。

ノンストップで、32曲。
01. A Hard Day’s Night
02. Junior’s Farm
03. Can’t Buy Me Love
04. Letting Go
05. Temporary Secretary 
06. Let Me Roll It
07. I’ve Got a Feeling
08. My Valentine
09. 1985
10. Maybe I’m Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite of All the Danger
13. You Won’t See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. Queenie Eye
19. New
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back In The U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live And Let Die
32. Hey Jude

おばあちゃんと一緒に立ち上がって、アンコールを待ちます。
なかなか出てこないので、「もうお終いなのかしらね」とおばあちゃんが心配していましたが、
日の丸の旗を振って登場。大拍手です。

encore
33. Yesterday
34. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Hi, Hi, Hi
36. Birthday
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

The Endの最後の雄叫び。シャウトも完璧で、
最後の最後まで大満足。
紙吹雪や、会場の様子を、写真に撮ることを忘れて、
ただただ痺れて、またもやお風呂上がりのような、ぼーっと全身が心地よい感じになりました。

ドームを出るときは、回転扉じゃなくて、解放されたドアから出るのが好きです。
すごい風圧を背中に浴びながら、出て行くのが楽しいです。

帰りは、またもや、淡路町の主水さんで食事を。
IMG_1896.jpg
旬の、タケノコご飯。しじみの味噌汁。そしてお刺身と。

今夜のドームも楽しみです!!




posted by Blue-G at 13:08| BLOG

▲UP