FINE ACOUSTIC GUITAR SHOP Blue-G ACOUSTIC GUITARS HERE!!5F OPEN TUE - SAT 11:00 - 8:00 SUN ・ HOLIDAY 11:00 - 7:00 CLOSE : MONDAY TEL 03-5283-7240
Shop Information

Blue-G Corporation

ブルージーコーポレーション

東京都千代田区神田小川町3-1須田ビル501号

TEL:03-5283-7240 平日:AM11:00〜PM8:00 日祝日:AM11:00〜PM7:00【定休日】月曜日 blue-g@blue-g.com

2017年11月03日

工房探訪記 NISHIHARA GUITARS その4 本堂の内部 続き

工房レポートの続きです。
DSC05621.jpg
もとの床の間の空間に、材料が保管されています。
DSC05622.jpg
床の間の脇の、細かな格子の障子の前。左側のもくもくのフィギャードはハワイアンコア材。青い紐がかかっているのが、ビンテージのマホガニー材です。
DSC05624.jpg
西原さん自身、マホガニーが好きということで、上品なフレイムが走る美しいマホガニーのストックが印象的でした。
後ろにブラックウッドもありますね。
DSC05625.jpg
床柱の脇は、ブレイシング用のスプルース材、サイドバックのインディアンローズウッドのストックなどが並んでいます。
DSC05628.jpg
キューバンマホガニーの板材。もう少しおっちゃんになるまで当分は寝かせて使わない予定とのこと。
DSC05630.jpg
ストックの中でも貴重なキューバンマホガニーのブロック。
DSC05631.jpg
杢目が詰まっていて、硬いです。
DSC05633.jpg
縦ストライプの、このサシが入るのが特徴的です。1910年代のMARTINのネックや、サイドバックで、こんな感じの縦ラインを見ることがあります。
DSC05632.jpg
元は仏様の棚が、ブレーシングを取り付けするブースとして使われています。
この日は、バック板のブレーシング用のジグが置いてありました。
柱に立てかけてある大きな板はシンガポールマホガニー。美しいフィギャードが魅力的な材で、これもしばらくは工房で寝かせておく秘蔵の材。手前のフィギャードの材は、ハワイアンコアです。
DSC05635.jpg
道具類が、スッキリ整頓されています。
DSC05639.jpg
オーディオもスッキリ、シンプルです。インスタでも時々見かけて、気になっていました。
DSC05654.jpg
スピーカーがダイアトーンというのは渋いと思います。
DSC05652.jpg
あまり、お客様は見ることのない、ネックのジョイント部分。
DSC05662.jpg
ボディ側はこんな按配です。伝統的なダブテイルジョイントで、ボディとネックが接着されます。
DSC05664.jpg
OOサイズのRN、ドレッドノートのNINE、スモールジャンボのREYDEN、最新作のOMと、各モデルのモールド。
DSC05766.jpg
ギターやウクレレのヘッドのテンプレートの中に、Fホール用のテンプレもぶら下がっています。オリジナルデザインのアーチトップギターもいずれ作ってみたいとのことで、どんなギターが誕生するか楽しみです。
DSC05667.jpg
オーダー製作中のドレッドノートのカッタウェイモデル。男らしいラインのDシェイプ、実物を初めてみました。
ドレッドノート.jpg
9月末のイタリアのショーで展示された、初のOMモデル。
トップは、ベアクロウのジャーマンスプルース。
DSC05659.jpg
サイドバックは、色の濃い、フィギャードのハワイアンコアです。
DSC05660.jpg
ブルージーに入荷しました!!
近日、掲載しますので、お楽しみに!!
posted by Blue-G at 16:50| NISHIHARA GUITARS

▲UP