FINE ACOUSTIC GUITAR SHOP Blue-G ACOUSTIC GUITARS HERE!!5F OPEN TUE - SAT 11:00 - 8:00 SUN ・ HOLIDAY 11:00 - 7:00 CLOSE : MONDAY TEL 03-5283-7240
Shop Information

Blue-G Corporation

ブルージーコーポレーション

東京都渋谷区渋谷2-6-9 カケイビル青山1階

TEL:03-5283-7240 平日:AM11:00〜PM8:00 日祝日:AM11:00〜PM7:00【定休日】月曜日 blue-g@blue-g.com

2020年03月31日

Martin 5-18 (1952)




ミニギターですが、しっかりとしたサウンドで、余韻が美しく、マホガニーのあたたかい倍音が優しく広がります。
部屋でぽろぽろ弾いたり、アルペジオの弾き語りにぴったりです。

レギュラーチューニングでは、テンションがやさしくリラックスした音色で鳴ってくれます。
3音上げのチューニングで、ストロークをすると本領発揮という感じのはじけるような明るい音色になります。
普段2カポで歌う事が多いというような場合に、一音上げて使ったりすると面白いと思います。
よくこなれた、ヴィンテージらしい乾いたサウンドを、いつでも身近に楽しめるギターです。おすすめ品!!
posted by Blue-G at 19:59| インフォメーション

2020年03月25日

Don Musser OM (2008)

ダン・マッサーのOMモデルが入荷しました!!

ダン・マッサーは、伝説的なマーク・ホワイトブック、デヴィッド・ラッセル・ヤングとともに、
ロイ・ノーブルの一門として、1976年からの、長いキャリアの中で、
ボブディラン、トムペティ、ニールヤングなど、数多くのアーティストの使用も話題になり、
ギターファンにはおなじみのベテランルシアーです。

丸みのある、ヘッドや、ボディのラインなど、ノーブルの流れを感じさせるデザインと、
ストックされた、良質なプレミアム材を使った、魅力的なモデルは、一本一本ハンドメイドで作られます。

今回入荷のOMモデルは、
2003年から、ニューメキシコの工房に移ってからの作品で、
2008年3月18日の日付で、製作者のダン・マッサーが、
直筆の鉛筆書きで、材料や製作工程について、丁寧に書き綴った仕様書が付属しています!

24.jpg

2008年3月18日

このギター#272、オーケストラモデルはカルフォルニアヴィンテージギターというディーラーのために製作されたギターです。
サイド&バックはブラジリアンローズウッドで同じ木から採られた材です。
トップはコロラド・イングルマンスプルースで、私が自分で選んだ丸太から製材された材です。
ネックはホンジュラス・マホガニー、指板はエボニーです。
ヘッドの突板はブラジリアン・パオフェロー、ブリッジはブラジリアンローズウッドです。
バインディングもブラジリアンローズウッドです。
ナットとサドルはCITES施行前の合法の象牙です。

ボディーは湿度35〜40%の環境で組み立てられました。
乾燥した環境下では、ギターは弾かれていないときはケースに保管してください。
湿度が20%以下の場合は、サウンドホールに取り付ける保湿のためのアクセサリーなどで加湿してください。

スケールは25 1/2、インチ、フレットの溝は .023インチの刃で切り込まれています。
ネックはアルファティック・レジン・グルーで接着され、さらにボルト、ワッシャー、ナットで補強されています。
ネックの中にはダブルアクション・トラスロッドが仕込まれていて、サウンドホール側からアレンレンチで調整できます。
ブリッジと指板は水性のアルファティック・レジン・グルーで接着されています。
フィニッシュはニトロセルロース・ラッカー。
オリジナルのセットアップはフォスファーブロンズ、ライトゲージの弦を張って行われています。
このギターはきちんと取り扱いされていれば、長年(多分一生)楽しんで演奏していただけるギターです。

ダン・マッサー
ニューメキシコ州シルバーシティー



店頭で、ぜひ、味わってみてください。
ご来店、お問い合わせ、お待ちしております!
posted by Blue-G at 15:18| インフォメーション

2020年03月20日

MARTIN 00-18 (1945)

MARTIN 00-18 (1945) 掲載しました!!

入荷後のサドルを象牙で交換、弦高を標準的な、12フレット上で、
6弦2,5mm、1弦2mmで 調整しています。

Coming soonのリストに載せてから、お問い合わせをたくさんいただきました。

アディロンダックの明るいレモン色の顔。
1.jpg

17.jpg
淡い色合いのオリジナルピックガードも特徴的です。
2.jpg

美しいマホガニーのネックと、サイドバックのボディ。
4.jpg

ポテッと太いシェイプが1945から1946年の特徴的なネックです。
ロッドは、Tバーの仕様です。
13.jpg

ヴィンテージの薄い塗装の風合い。
チューナーは、ウェバエイーの復刻ペグに交換され、快適な演奏性です。
6.jpg

古いマホガニーの良さを、堪能できる、おすすめのヴィンテーテージです!
posted by Blue-G at 18:55| インフォメーション

▲UP